式場の多様化

Wedding

結婚式も、結婚式場も時代により進化しています。

結婚が決まると、次はどこで式を挙げるかと言う事が問題になりますよね。 昔なら、式場はホテルか専門式場、もしくは神社や寺と云った選択肢しかなく、 個性云々の時代ではありませんでしたが、 時の流れと共にそんな結婚式場もガラリと様変わりしているようです。 バブルの頃はハデ婚、崩壊後はジミ婚、そしてその後はアットホーム婚と、 流行の結婚式スタイルに合わせて、結婚式場として選ばれる場所も様々となり、 今はもう定番であるレストランウェディングが増えたのも、アットホーム婚が流行った頃でした。 そして今は、東日本大震災以降日本において重視されているツナガリと云う点に重点をおいたシェアド婚、すなわちツナガリ婚が流行しており、 それに最も適した結婚式場として、ゲストハウスが注目されています。 利用の仕方は、インターネットのホームページ等で詳細を確認、日程が合えば、 雰囲気を知るためにも見学会に参加される事をお勧めします。

主役は新郎新婦だけではなく全員。

こうしたゲストハウスウェディングですが、 ゲストハウスとは、一軒家を丸ごと貸し切った感じの結婚式場です。 ですから自由度は、ホテルや他の結婚式場とは比べ物にならない程大きく、 結婚式場そのものを自分達でプロデュースする事が出来ます。 また、現在のゲストハウスでは、独立型チャペルを持っているゲストハウスが多数ありますので、式も挙げる事が出来、尚且つ自分達の個性が全面に出ている披露宴も出来るので、自宅パーティに招待客であるゲストを招く様に結婚式が出来る事が出来るのです。 ゲストハウスは、主役の新郎新婦だけでなく、ゲスト全員が参加し一緒に楽しむツナガリ婚を実行出来る場所としての人気も高くなっていますので、個性を大事にしたい、 ゲストと一緒に式を楽しみたいと云うカップルには最高の結婚式場となっています。